ハワイのワイキキビーチエリアまとめ!これを見ればあなたにピッタリのビーチがきっと見つかります!

ハワイと言えば、まず初めに人がたくさんいる“ワイキキビーチ”を思い浮かべる方は多いと思います。

でも、ちょっと待ってください!!( ˘ω˘ )そもそもワイキキビーチって色んなビーチが合わさっての総称なんですよね(^^)/

ハワイのビーチにも色々あって、シーンに合わせて選べばもっと楽しくなりますよ!

では、どんなビーチがあるのか見て行きましょう!(^^)/

1.フォート・デ・ルッシー・ビーチパーク

フォート・デ・ルッシー・ビーチパーク

フォート・デ・ルッシー・ビーチパーク地図

こちらは砂浜が広くってなんせ人が少ないんです。

のんびりと海沿いを散歩するのには最適(^^♪

シュノーケリングを少ない場所で落ち着いてしたい方にもいいかもしれませんね(^^)/

 

2.グレイズビーチ

グレイズビーチ

グレイズビーチ地図

ここはプライベートビーチ感満載のところですね(^_-)-☆

ウミガメウォッチングをしたり、ロングボードなどをしている方も多いです!

 

3.カハロア&ウルカイビーチ

カハロア&ウルカイビーチ

カハロア&ウルカイビーチ地図

多くの方がハワイの海として思い浮かべる王道中の王道がこちらですよね( ^ω^ )

最も人口密度が高く、いい時期に行くとかなりごちゃついています(;”∀”)

ただ、サーフボードを貸してくれたりレッスンをしてくれるところもありますし、ヨットに乗れたりもしますよー(^^♪

まぁ人が多いので、寂しくはないです!ハワイに来たなー!って感じもします(#^^#)

 

4.クヒオビーチ

クヒオビーチ

クヒオビーチ地図

ここのエリアは防波堤があって、波が少なくなっていて浅く作られているので、家族連れにはピッタリのビーチです!私も毎回行くビーチの一つです!(^^♪

サーフィンをしている人や、ヨットなど子供がいたら邪魔な方々(笑)が全くいませんので(;^_^)

あと、夕方になると定期的に無料のフラダンスショーが見られるんです!

フランダンスショー フランダンスショー

無料の割には、かなりしっかりとしたショーで十分楽しめる内容になっていますのでおススメ(^^♪

 

5.クイーンズ・サーフ・ビーチ

クイーンズ・サーフ・ビーチ

クイーンズ・サーフ・ビーチ地図

こちらはカピオラニ公園の前にあるビーチで、少し波が高くなっています!

そのため、ボディボードが人気のエリアですよ!でもサーフィンは禁止エリアなので注意が必要( ˘ω˘ )

引き潮も強いので、お子様を連れての遊泳はやめた方がいいと思います

足だけ入りましたが、写真でも強い引き潮が伝わるんではないでしょうか|д゚)

引き潮写真

あやうく子供が吸い寄せられそうになりました(;”∀”)

 

6.カイマナビーチ

カイマナビーチ

カイマナビーチ地図

エッグベネディクトで有名なハウツリーラナイの前にあるビーチですが、ここはシュノーケリングスポットとして有名(^^♪

サンセットが綺麗なことでも人気がありますよ(^^)/

 

ラッシュガードの着用必須

シュノーケリングをしている姿

ハワイで浮かれてしまって忘れがちなのが日焼け対策です( ;∀;)

常春で涼しいようなイメージがありますが、もちろん普通に焼けます”(-“”-)”

今の時代、ラッシュガードを着ることをおすすめします

もしラッシュガード持ってないっていう方はここのサイトおすすめですよ(^^♪
もちろん男女共にあって、種類も多いし、なんせ安い!!
左のちょっと下あたりの“日本最大級のラッシュガード売り場”ってところにあります。
水着通販サイトVacaSta(バケスタ)



まとめ

このようにワイキキビーチとは言っても色々とあります。

一緒に行く人が友達なのか、恋人なのか、新婚旅行で行くのか、家族で行くのかによっても行くビーチが変わるんじゃないかなって思います(^^)/

現地に行ってから“思っていた感じじゃなかった”ではもったいないですよ!

しっかりと予習をしておいて、快適なハワイ旅行にしましょうね(#^^#)

ハワイで食べ過ぎちゃいそうな方はこちら( ;∀;)

大人のカロリミット お試し2週間分!今ならもう1袋付いてくる!
カロリミット画像

ハワイでもスマホを使いたい方(^^♪




 

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です